ライン

日焼けをしてしまったら





紫外線リスクなし太陽なしで即行小麦肌!



冷却→水分→フタをする


・まず、冷やす。
日焼けをして半日から一日後が最も炎症がおこりやすいので、それまでにしっかり冷やす事が大切です。
この時間が今後しばらくの肌質の明暗を分けます。

・水分補給
惜しみなく使える安価な化粧水をやさしくコットンでたっぷりとクルクルしてあげます。
日焼けした2、3日後にはメラニン色素が大量に増え、肌が黒くなるので、しっかり水分補給をして、お肌を沈静させます。

・フタをする
ある程度水分補給が済んだら、その水分を逃さないように乳液やクリームでお肌にフタをします。
薬用の日焼け止めクリームや乳液だと、なお良いです。

※日焼け後に皮膚が浮き、めくれてきても無理には剥がさないようにする。
日焼けの後のケアを継続することで、沈着しているメラニン色素は新陳代謝により垢(あか)となって剥がれ落ち、日焼けによるシミやソバカスは徐々に薄くなり、やがて消えることになります。




Copyright (C) 日焼けの悩みを解消しましょうAll Rights Reserved.