ライン

日焼け予防





紫外線リスクなし太陽なしで即行小麦肌!



・外出する時間

・帽子、日傘、手袋

・日焼け止めクリーム、ファンデーション



日焼け予防には、外出時のこまかい気配りとスキンケアしかありません。
 紫外線が最も強い夏の外出時には帽子や日傘を利用したり、日焼け止めクリームやファンデーションをつけて紫外線に素肌がさらされないようにします。曇りの日や近所への買い物や洗濯物を干すときなど油断しがちですが、曇りの日や短時間でも紫外線のダメージを受け、シミができてしまうことも実際に起こるのです。フルメイクが面倒という人は、パウダーをはたいておくだけでも、紫外線を乱反射させる効果があります。わずかな時間なら、雑誌や手をかざすだけでも紫外線のダメージを弱めることができます。
 このような小さな気配りが日焼けを予防するためには案外大切なのです。ついうっかり、日焼けしてしまったときは、肌にたっぷり水分補給と保湿をおこない、乾燥を防ぐようにしてください。




Copyright (C) 日焼けの悩みを解消しましょうAll Rights Reserved.